子供にあった家庭教師を探すなら|無料体験学習をフル活用

美術系大学への進学準備

専門的指導が受けるには

画材

有名な芸術大学や美術大学など、美術系大学に進学したいなら、専門の予備校に通って準備を進めるのが最も近道と言えます。
大学で美術を学びたいと考える人は、絵画やイラストを描くのが好きで、自分の作品にもそこそこの自信を持っているものと思われます。
でも、全国にはそのような人がたくさんいて、美術関係の仕事に就きたい、美術系大学へ進学したい、と考える受験生は決して少なくないので、特に有名な大学は狭き門になるのです。
早い時期から美大予備校に行き、受験のための専門的な指導を受けることで、希望大学への難関を突破するための有利な条件を手に入れることができます。
多くの美術系大学において入学試験に採用されている、鉛筆デッサン等の実技試験では、受験者の造形力や表現力などが試されます。
実技試験は一般の筆記試験科目よりも点数の配分比率が高く、その成績の良否が入試結果を大きく左右するのです。
この実技試験に備えるためには、美術に特化した専門的な指導が必要ですが、一般の高校では対応が難しく、それに比べると美大予備校における受験対策は非常に効果的です。
特に、多くの美大予備校では、集団授業だけでなく、個人指導や個人面談など受験生ひとりひとりに合わせて懇切に実技指導を実施してくれるので、確実に実力の向上が図れます。
また、美大予備校では実技試験に限らず、過去の入試資料や最新の情報を最大限に活用し、大学ごと、あるいは学科ごとに異なる出題傾向や出題方式などを考慮した対策を立てて指導してくれるので、一般入試はもちろん、推薦入試やAO入試にも対応することができます。

自由度が高く学習効率も

勉強

受験をするにあたって学校の勉強だけでは不十分だという場合には学習塾や予備校などに通う人も少なくありません。
東京のような多くの人が住んでいる地域にはそれだけ多くの学習塾や予備校が存在しています。
しかし、東京のような都市部に住んでいても学習塾や予備校ではなく家庭教師を選択するという人も中にはいます。
それは家庭教師には学習塾や予備校に通うのとは違ったメリットが考えられるからです。
家庭教師の最大のメリットはマンツーマンの指導によって、その人に合わせた学習をすることが出来るということです。
東京でも個別指導の学習塾や予備校も増えてきていますが、まだまだクラス分けを行った上での集団授業が一般的です。
集団授業はクラス分けをされているとはいえ、個人に合わせた学習が出来るというわけではありません。
そのため、理解度にも差が出てしまうことから、必ずしも効率良く学習することが出来るというわけではないのです。
一方、家庭教師の場合にはマンツーマンの指導が基本なので、その人の学力に合わせた学習が可能であり、テキストなども自由に選ぶことが出来るというメリットもあります。
また、家庭教師の場合には学習塾や予備校と比べて時間の使い方も自由だということがメリットとして挙げられます。
わからないことがあったら集中的に学習することも可能であり、授業の振替なども行うことが出来ます。
東京には多くの学生が生活しているため、質の高い家庭教師を見つけやすいというのも家庭教師を選ぶ人が多い理由でもあります。

長期的な訓練で

先生と子供

美大への入学を希望する人は多く、学科にもよりますが、例年の倍率は5〜10倍と高めです。
特に全国で5本の指に入る有名美大には、倍率が20倍を超えているという学科もあります。
20人に1人しか合格できないわけですから、倍率においては医学部に負けないほどの難関と言えます。
さらに美大の入試では、筆記試験以外にデッサンやデザインといった実技試験も行われます。
しかもデッサンの場合は、自分の左手を様々な構図で描いたり、デザインの場合は、指定された模様をテーマに沿ってアレンジしたりすることになります。
つまり単純な画力だけでなく、発想力や表現力もチェックされるわけです。
これらは一朝一夕に身につくものではなく、長期的な訓練で少しずつ養っていく必要があります。
そのため美大への入学を目指す人の多くが、対策のために美大予備校に通っています。
美大予備校では、様々なモデルやモチーフが次々に用意されます。
それを使って実際にデッサンやデザインをすると、講師が細かな添削やアドバイスを行います。
これを繰り返すことで、画力はもちろん発想力も表現力もレベルアップしていくことになるのです。
そのため中には、高校に入学してすぐに美大予備校に通い始めるという人もいます。
入試まで3年近く訓練を続けることができるので、その分合格率が高まりやすくなるのです。
美大予備校にもよりますが、中には難関美大への合格率が70%を超えているところもあります。

目的に合った学習法

教師と生徒

無料体験指導を受けてから先生を選ぶのが、東京で受験や補習などの目的で、家庭教師を利用する場合の基本です。公立高校受験では料金が割安な大学生の先生を選ぶ方法もありますが、私立中学や大学を受ける場合には、プロの家庭教師が最適です。

もっと読む

高校受験に向けた勉強法

学生

学年の枠を超えて基本から勉強をやり直すのが、東京で第一志望の高校に受かるのに必要な学力を身に着けるためのポイントです。先生を自由に選べる家庭教師派遣業者を活用して、宿題などの提出物のサポートも受けるのが、理想的な受験対策です。

もっと読む

想像よりリーズナブル

家庭教師と生徒

家庭教師は字のごとく教師を自宅に招き勉強を教えてもらう制度のことで、大学生が多くいる東京などに多くいます。授業内容は個別指導塾や兄弟に教えてもらうのと変わりはありませんが、完全個別なので質問しやすく力をつけやすいというメリットがあります。

もっと読む