子供にあった家庭教師を探すなら|無料体験学習をフル活用

想像よりリーズナブル

質問しやすい環境

家庭教師と生徒

家庭教師は字のごとく教師を自宅に招いて教育を行う制度のことです。
派遣される教師の多くは大手塾に努めている人ですが、中には大学に通っていて個人としてやっている方もいます。
それらの方が決められた教科を生徒にあった速度や教材を用いて授業を行っていきます。
授業内容は個別指導塾などと変わりはありませんが、感覚的には兄弟に勉強を教えてもらうような感じです。
ですが集団塾や個別指導塾とは異なり完全な個人授業となるため質問もしやすく比較的早く力を身に着けることができます。
家庭教師の費用についてですが、すごく高いんじゃないかと心配されている方も多く見受けられますが実際はそこまで高くはありません。
集団進学塾ですと週3回で5万円を超えるというのも多くありますが、家庭教師も同じくらいだと考えて大丈夫です。
大手家庭教師塾に頼むとそれ以上になる場合もありますが、個人としてやっている大学生などに頼むとより安く教えてもらうことができます。
家庭教師は東京や大阪などの大都市、東京から少し離れたところまで全国各地にいます。
東京ですと有名大学が多いためより多くの大学生家庭教師がいます。
なので東京近郊に住んでいる方はぜひ家庭教師を考えてみてください。
しかし、大学生家庭教師は、派遣会社から派遣される教師と個人契約の教師に分けることが可能です。
どちらの場合でもメリットや注意点があるので、把握した上で依頼しましょう。
きちんとした実績を把握した上で依頼をしたいのであれば、派遣会社から派遣される教師を選択した方がよいです。

ライバルの実力がわかる

絵を描く女性

子どもの頃から絵が上手な子がいます。
そのような子どもは絵を描くのが大好きなはずです。
もしかしたら将来は画家やデザイナーを目指して美術系の大学へ進学する可能性もあります。
そのような時にぜひとも利用すべきなのが美大予備校です。
絵が上手なのだからわざわざ美大予備校へ行く必要があるのかと言う人がいます。
しかし世の中には絵の上手な人はたくさんいるのです。
そのことが美大予備校へ行くとわかるのです。
美大を受験する人の絵のセンスや技術力がわかるという意味でも、美大予備校は行くべきです。
美大予備校では一般的な学科試験用のカリキュラムと同時に、アーティストに必要な感性を育てる教育をしています。
画家やグラフィックデザイナーなど専攻によって外部から講師を招いて、技術的な指導をしてくれるのです。
美大に合格しやすいセンスを鍛えてくれるのが美大予備校です。
またフィールドワークといって、創作の基礎となる部分を調査したり探求するカリキュラムも組まれています。
これによって創作に必要な基礎知識や視点を確立することができるようになります。
その他にも美術館の見学などを通して、絵画を見る目を養ったり一流の芸術品への造詣を深めるといった指導もしてくれます。
美大予備校ではこのような美術に関する基礎的な技法やセンスを磨くと同時に、学科試験のレベルを上げるための授業も行われています。
美大の数は限られているので、ライバルの実力を知るという意味でも美大予備校に通う価値は高いといえます。

美術大学を志望している人は美大予備校に入学する人が多いです。
これは試験対策をしっかりとできるからです。
たとえば、美術を志望していたり、建築関係に進みたいという学生はプロ講師の指導の下でデッサンを学習することができます。
また、美大予備校は美術大学の入学準備をすることができるところでもあります。
たとえば、油絵科であれば油絵で描く技法を習得することができますし、建築科においてはデッサン力と感受性が鍛えられます。
自分自身で描くことができなければどうしても建物のアイデアが出にくいです。
大学の建築学科に入学してもこのようなデッサン力を教えてくれるところはほとんどありません。
美大予備校の建築コースを志望すれば基礎力がきちんと身について、大学で学ぶ内容をより深く理解することができますし、自身のスキルをより高めることが可能なのです。
美大予備校では基本的には1年間でカリキュラムが終わるように計画が立てられています。
どの時期からでも入学は可能ですが、春から入学すると余裕を持って勉強することができます。
試験直前に入学すると慌ただしくなります。
ちなみに、自身が志望する大学の試験科目に必要なものばかりでなく、自身が何を大学で勉強するのかも考えてコースを選びましょう。
たとえば、建築学科を志望している学生は工芸科だけでなくデザイン科の授業も受けて勉強すると、大学入学後に強力な武器になります。
勉強することができます。

目的に合った学習法

教師と生徒

無料体験指導を受けてから先生を選ぶのが、東京で受験や補習などの目的で、家庭教師を利用する場合の基本です。公立高校受験では料金が割安な大学生の先生を選ぶ方法もありますが、私立中学や大学を受ける場合には、プロの家庭教師が最適です。

もっと読む

高校受験に向けた勉強法

学生

学年の枠を超えて基本から勉強をやり直すのが、東京で第一志望の高校に受かるのに必要な学力を身に着けるためのポイントです。先生を自由に選べる家庭教師派遣業者を活用して、宿題などの提出物のサポートも受けるのが、理想的な受験対策です。

もっと読む

想像よりリーズナブル

家庭教師と生徒

家庭教師は字のごとく教師を自宅に招き勉強を教えてもらう制度のことで、大学生が多くいる東京などに多くいます。授業内容は個別指導塾や兄弟に教えてもらうのと変わりはありませんが、完全個別なので質問しやすく力をつけやすいというメリットがあります。

もっと読む